ひろぴの大冒険〜女子大生が世界の○○を発信。ビジネスの可能性を探る〜

「日本の当たり前が海外では通用しない。海外の当たり前が日本では通用しない。でも、そこに新しい可能性が開ける。」私は一年間アジア、ヨーロッパ、アメリカを巡り海外における日本のプロダクトのマーケティングについて研究します。その中で気づいた「はっ」「なにそれ?」「ワクワク」をドンドン発信*\(^o^)/*

「実はみんなレストランを経営しているのでは?」

人とレストランは同じだと思う

 

 

ふと最近こんなことを思った。

 

 

「何料理屋さんですか?」

「お店のコンセプトは?」

「メニューは何があるの?」

 

 

何屋さんか分からなかったら、お店の敷居を跨いでくれる人が減るかも。

コンセプトぶれぶれだったら内装とか外装決めにくいよ。

メニューが無かったらお客さんが来ても注文してもらえない。

 

 

仮に全て揃ったとしたら、どうやって売るの?

 

 

 

お客さん来ても、また来てもらわないと、ファンになってもらわないとお店は運営していけない。

 

だから、SNSでプロモーションとかする。

Facebookとかインスタとかツイッターとか。

LINE@作ったり、スタンプダウンロードしてもらって広告を定期的にして忘れられないように、また来てもらえるように発信したりして囲い込んでる。

 

 

どういうことかというと、人は一人一人レストランを経営しているようなものなんじゃないかってこと。

さっきの質問も

 

「あなたは何をしているんですか?」

「あなたの人生のコンセプトは何ですか?」

「どんなことができるんですか?」

 

自分がどんな目的で、どんなことをしているのか、何ができるのか

 

どんな時に私に声をかけて欲しいか

 

明確じゃないと注文しづらい。

 

オーダーしてから料理の提供が遅いとイライラさせちゃうかも、料理が冷めちゃうかも

 

いくら提供時間が早くても味が美味しくないとねえ~

 

サーブの仕方もいろいろあるよね。

 

価格も価値相応なんでしょうか?リーズナブル?高級?

 

 

「また私のレストランに来て注文してもらえて、リピーターになってもらう」

 

 

そんなレストランを経営したいですね♪

 

 

 

ポチッとオーダーしてください♡

ランキング参加中!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村