ひろぴの大冒険〜女子大生が世界の○○を発信。ビジネスの可能性を探る〜

「日本の当たり前が海外では通用しない。海外の当たり前が日本では通用しない。でも、そこに新しい可能性が開ける。」私は一年間アジア、ヨーロッパ、アメリカを巡り海外における日本のプロダクトのマーケティングについて研究します。その中で気づいた「はっ」「なにそれ?」「ワクワク」をドンドン発信*\(^o^)/*

55歳で退職を決意した大好きな先輩が教えてくれたこと

常に自分の中にやりたいことがあれば、

 

思い描くことがあれば

 

そのような人と出会うし、そうなっていく

 

それって偶然とかじゃなくて

 

本当は自分で潜在的に選んでるって。

 

「引き寄せ」って言うけど

 

本当は自分たちで選んでるんだと思う。

 

様々な選択をした結果

 

交じりあった縁だから。

 

 

働いてる時は、「楽しい」とか思わず必死で、

 

でも終わってみて

 

やりがいとか、達成感とか

 

もしかしたら不甲斐なさとか失望を感じて

 

自分の育んできた実を噛み締める。

 

酸っぱいかもだし、甘いかもだし

 

でも、それって全部自分の味。

 

自分はどんな味の実をつけたいのか、

 

そのために何をすればいいのか

 

考えさせられた。

 

「どこから始めても

 

 結局は同じ山登ってる」って

 

ということは

 

結局何から始めたって

 

同じ山で

 

同じフルーツ。

 

 

でも、味わいは変わってくるはず。

 

それを全部噛みしめた上で

 

決断をした先輩を

 

とてもかっこいいと思った。

 

 

言葉は悲しそうだけど

 

そこに意志を感じた。

 

50歳過ぎて

 

会社辞める決断して

 

彼は起業しようとしている。

 

決して起業したいから起業するのではない。

 

多分、それしかないって思ってる。

 

「どうして決断したんですか?」

 

って聞いたら

 

「2年前にも会社に言ったけど、その時は

 

上司に止められたし、義理もあったから

 

恩返しのために。

 

でも、今年はそういうタイミングだと思うんです。」

 

「生活も今みたいに安定はしないだろうけど、

 

子どもも20歳超えたし。」

 

「僕はいつも遅いんです。」

 

って言ってたけど

 

そんなことないと思う。

 

挑戦する人は何歳でもかっこいい。

 

「人間寿命は120歳だ!!

 

まだ人生の折り返し地点にも到達してませんからね!!

 

遅すぎることなんてないです!」

 

って言った私。

 

私が本当に尊敬する人。

 

お金じゃなくて、徳を重ねる人。

 

常に謙虚で、誰にでも等しく接する人。

 

凄まじい徳を積んできた人だから

 

みんなが助け、支えてくれるし

 

きっといい方向に回っていくと思う。

 

「私も手伝えることなら何でもしたい」

 

と心から思える人。

 

そして自分もそんな人間になりたいと思った。

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログ 企業情報へ
にほんブログ村