ひろぴの大冒険〜女子大生が世界の○○を発信。ビジネスの可能性を探る〜

「日本の当たり前が海外では通用しない。海外の当たり前が日本では通用しない。でも、そこに新しい可能性が開ける。」私は一年間アジア、ヨーロッパ、アメリカを巡り海外における日本のプロダクトのマーケティングについて研究します。その中で気づいた「はっ」「なにそれ?」「ワクワク」をドンドン発信*\(^o^)/*

向き合わなきゃいけないことから目を背けているあなたへ

今日は自分にとってとても重要な断捨離の日になったので書き残したいと思う。

 

選択するということは

 

何かを捨てること。

 

容器にパンパンに詰まってたら新しいモノが入れれないよ。

 

今日はずっと向き合わなきゃ行けなかったけど、向き合うことが怖くてずっと見て見ぬ振りをしてきたこと、逃げてきたことにちゃんと向き合った。

 

私は「逃げグセ」がある。

 

嫌なことから逃げようとしてしまう。

 

嫌なことを後回しにしてしまう。

 

でも、今日はとある章が終わった日。

 

今から始まる新しい章が。

 

今までの感謝と愛を胸に秘めて。

 

進むんだ。

 

一歩ずつ。

 

輝く未来しかないから。

 

信じて突き進むの。

 

自分の可能性を自分が一番信じなくてどうするの?

 

実際、自分が思ってたより悪くなかった。

 

全部自分の頭の中で作ってた。

 

現実から目を背けてた。

 

「このままじゃいけない」

 

って思いながら

 

気づかないふりしてた。

 

でも、心のどこかにそれがあるから

 

どこかでいつも足かせになってた。

 

「それが私らしさを曇らせてる」

 

って誰かに言われたことがある。

 

頭で考えたら

 

それを手放すのは惜しいと思った。

 

持っていたら何かいいことがあるかもしれないって。

 

自分のところに置いておきたいって思った。

 

だから、ずっと手放さなかった。

 

でも自分が消化不良起こした。

 

ちゃんと排便しないと

 

消化不良でお腹痛くなっちゃうよ笑

 

心では「違う」って薄々感じてたのにね。

 

昨日友達に言われた。

 

「水の濁りを捨てれば捨てるほど

 

よく透き通って

 

光がくっきり見えるようになる」って

 

 

「逃げて何も残らない人生より、

 

人に笑われるくらいの人生の方がいい。

 

何も残さずに、何もなかったかのように死んで行くより、

 

生きた痕跡残して死にたい」

 

って

 

 

だから今日は部屋も心も人生の選択も

 

真剣に向き合って

 

断捨離した。

 

そしたら新しいものが見えてきた。

 

心が晴れやかに澄んだ青空になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは何か捨てなきゃいけないもの持っていませんか??

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ
にほんブログ村